« PIONEER CT-970 | トップページ | Technics RS-B90 »

SONY TC-K222ESA

222esafront 91年頃発売のESシリーズのエントリーモデルです。この頃になると、エントリーモデルでありながら、パッドプレッシャーリダクション方式PC-OCC巻線レーザーアモルファス3ヘッド、クローズドループデュアルキャプスタン、3層リニアトルクBSLモーターによるダイレクトドライブ、ファインセラミックコンポジットカセットホルダー、ソルボセインスタビライザー、パワーローディング機能、内部オシレーター付きバイアス、録音レベルキャリブレーション機能まで搭載されており、333や555の上位機種との機能の違いはほとんどありません。まあ当時の定価も6万円とかなり高めですが。

222esainner 中身は至ってシンプルな、電源回路も含めた1枚基板構成で、すっきりとまとめられています。シャーシも上部に3本のビームが通り、かなり剛性は高そうです。

222esafront2 本機はオークションにて不動のジャンクで入手、競争なし1000円でした。外観はまあまあきれい。やはり不動の原因はKA3ESと同じく、モードベルトの劣化でした。

222esafailcon 本機はBSLモーター基板の表面実装コンデンサーのマイナス電極に、写真のように液漏れによると思われる、明らかなハンダの変色が見られました。この基板のコンデンサーは機種が新しくなっても相変わらず問題が多いようです。と言うより、ここまでの頻度(カセットデッキ、CDプレーヤ、あるいはソニーにとどまらずビクターでも)で、BSL基板に液漏れが頻発しているのは、コンデンサーそのものだけでなく、回路設計や部品選定仕様そのものにも問題があるような気がします。さて、このまま組み上げてもキャプスタンが正常に回転しない可能性があり、またコンデンサーの劣化がさらに進めば、異常回転になることは時間の問題ですのです。そこで同容量の新しいコンデンサーに交換します。マイナス側のハンダが変質していて、コテを当ててもなかなか溶けませんが、そこはもう手慣れたものです。手早くそして一気に、えいっ!

222esapcb ほおら、この通りきれいに取れたでしょう。ランドまですっきり~スッキリ(^^;本当にスッキリ、さっぱり。【2010年2月追記】表面実装コンデンサーの正しい?美しい外し方が分かりました。ラジオペンチなどでコンデンサーをつかみ、基板側に少し押しながら、小刻みに往復回転させるのです。これは別の機種で試してみたのですが、しばらくグリグリ回していると金属疲労でコンデンサーの足(意外と細い線)が折れます。そうするとプリント基板側のランドにはほとんどダメージ無く、コンデンサーを外すことができました。後はハンダコテで足の残骸の残ったランドを掃除するだけです。この方法ならハンダが腐食し、ハンダコテでハンダが溶けなくなったものも、比較的簡単に外すことができます。(もちろん腐食したランドのハンダはどうしようもありませんが)引っ張るとランドが剥がれるので、押しながら回すというのがコツです。この方法はkantama様の修理記事で見つけました。素晴らしい!

222esafixedpcb 交換用のコンデンサーは何も元の位置に付ける必要性はありません。パターンを追って広く付けやすいところに付けてやればよいのです。この方がフライホイールと干渉がまったく無くて良いかも。(^^;

222esavolume 本機はベルト交換で正常に動作するようになりました。しかしヘッドフォンのボリュームにひどいガリがあることが判明。しかし写真のタイプのボリュームはどうにも分解ができません。金属シャーシのボリュームだと側面に比較的大きな窓が空いていて、そこから接点活性剤を接点に向けて吹き込めるのですが、それもありません。もう半分やけくそで裏面の内側の3カ所の小さな穴に、無理矢理ケイグを吹き込みました。するとどうでしょう、ガリがなくなりました(^0^)/。この穴ってそれ用?

222esahead オークションでジャンクなら1000円以下から、完動美品なら5000円を超えることもあるようです。エントリーモデルで、バイアストラップとしてGICフィルターが適用されていないために、かえって音がよいと言われる方もいらっしゃいますが、どうでしょうか。音は・・・すいません、もう記憶にありません。しかし主要部品は上位機種と同一ですし、機能もほぼ同じですから、中古では上位機種に比べ非常にお買い得だと思います。

|

« PIONEER CT-970 | トップページ | Technics RS-B90 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (^_^)
222ESJを持っています。
音色は555ESJから低音と超高音域をまっすぐに直した印象です。

悪くないと思います。
でも…あえて使用する意欲が湧かないのでテストテープ作成専用機化しています(笑)

オーディオ全盛期には引く手数多のエントリーモデル…見向きもしなくなってしまった邪道な私。
良くないですね。

投稿: ぷらっし~@ | 2009年7月 2日 (木) 19時56分

ぷらっし~@様
音と値段が比例しないのが、オーディオのまた面白いところでしょうか。
エントリーモデルでもソニーのESなら使いたいという方は、今でも大勢いらっしゃいます。H/Oに持っていけば、すぐに売れてなくなってしまいます。

投稿: 所長 | 2009年7月 4日 (土) 00時34分

所長様

 こんにちは。ろでぃすとです。

 TC-K222ESAはわたしも所持しております。初めて所持した3ヘッドデッキでもあり、手放さずにいます。実装コンデンサやモードベルト劣化による不具合はわたしのデッキではまだ起きていません。多分これまでヘッドも2回交換していたりと結構修理に出しているので、その時に合わせて交換されているのかもしれません。

 上級機の音は聞いたことがないのですが、222ESAはとても素直な音で、原音との差も少ないいいデッキだと思っています。デザインもESGやESLよりカセットホルダがすっきりしていて好きです。中身を見て印象的なのはやはり電源の平滑コンデンサです。6万円のデッキでこれだけ電源が強化されていたモデルは多分当時なかったのではないかと思いますし、他モデルと比較しても機能面も含め圧倒的に充実していました。

 いろいろなページで333や555のGIGフィルターの話を見ていると、当時これを買ってもらってやはり正解だったのかな・・・、と思う今日このごろです。

投稿: ろでぃすと | 2009年7月 5日 (日) 20時10分

ろでぃすと様

ご無沙汰しております。ろでぃすと様が222ESAをお持ちなのは、もちろん存じておりますよ。

さて、人間の耳は、わずかな音の違いを聞き分けられる程すごい割には、簡単に騙されやすいですよね。後から使われている部品や回路の情報を聞いて、180度デッキの評価を変えたりする方もいらっしゃいます。まあ、いい加減と笑ってしまいますが、私も人のことを言えた義理ではありません。修理直後の第一印象は特に騙されやすく、みんないい音に聞こえますから(笑)。

正しい評価(自分の好みの音のデッキ)というのは、多少長い時間使い込んでみると本当に分かると思います。自分に合っていないと、たとえ世間でどんなに評判よいデッキでも、結局使わなくなってしまいますから。もちろんその逆もあります。

ろでぃすと様が222ESAを、ヘッドを2度も交換するほど長く使われていると言うことは、本当に音の良いデッキなのでしょう。

投稿: 所長 | 2009年7月 7日 (火) 22時33分

こんにちは所長殿
はじめまして。
ブログの内容に共感するものが有り、感銘を受けております。
私は素人ながらアナログの音に拘っている一人で、いまだにアナログレコードを聴いています。
デッキはGX-747、GX-77、GX-R88、TC-K222ESA
を所有していますが、メインで使用している222ESAの再生が出来なくなり、メーカーに問い合わせたところ、それなりの修理代金を提示され、何とか自分で出来ないものかと考えています。早送りと巻き戻しは正常で、再生と録音が2秒程度で、小さな「キーッ」音(ゴムが擦れるよう音)がして停止してしまいます。おそらくモードベルトの劣化が原因と思われますが、ベルトの交換方法をご教授頂けないでしょうか?不器用ながら挑戦してみたいと思っています。

投稿: masa | 2009年7月28日 (火) 11時21分

masa様

はじめまして。
私もモードベルトが原因だと思いますが、交換方法はKA3ESやKA7ESの記事を参考にしてみてください。(と言っても写真が各1枚程度ですが)メカの右側に見えるベルトなのですぐ分かると思います。ベルトはメーカーからまだ入手できるでしょうか。修理の難易度としては難しくはないのですが、初めてだとちょっと時間がかかると思います。

投稿: 所長 | 2009年7月28日 (火) 19時57分

こんばんは。
コメントありがとう御座います。
悪戦苦闘の結果、モーター側のプーリーからベルトを外せましたが、下側の大きいプーリーから外すことが出来ません。また明日頑張ってみます。
メカ部をバラしてみて、複雑な機構(構造)になっていることが初めて分かりました。復活してくれれば愛着も倍増ですね。

投稿: masa | 2009年7月28日 (火) 23時03分

masa様

じっくり時間をかけて、構造を考えながら少しずつ分解されることをお勧めします。人が組み立てたものなら、必ずうまくばらす方法があるはずです。
これを機にデッキのベルト交換が癖にならないことを祈ります。(笑)私も愛機のXK-007の伸びたベルトの交換を苦労しながら自分でやったのがきっかけで、今じゃあ、こんなブログを開く有様です。

投稿: 所長 | 2009年7月29日 (水) 01時35分

こんばんは
ピンチローラを外さずに何とかベルトを抜くことが出来ました!
ミソはDC取り付け基板の真ん中の長いネジでした。
ベルトの在庫はまだ有るとのことで、さっそく注文しましたが、九州の田舎ということもあり、3日程度かかりそうです。
一つ問題が・・・
透明のプラスティックワッシャー?が3枚身元不明になりました。
2枚はキャプスタンのピンチローラーの内側だろうと思いますが、残り1枚の引き取り手が有りません。
もう一つの問題は、老眼のため小さい物が見えない・・・
「所長のじっくり時間をかけて」の言葉に励まされて頑張っています。

投稿: masa | 2009年7月29日 (水) 19時38分

所長殿

こんにちは。
お陰様で身元不明のプラワッシャーを残したまま何とか復旧出来ました。
ずいぶん昔に録音したテープを引っ張り出してあれこれ聴いてます。
殆ど1970~80年代の歌謡曲ばっかりですが。。。
TDKのSAの音の感じが一番気に入ってます。
MAより柔らかい感じで、小椋佳や吉田拓郎などのフォークを聴くには適しているように感じます。
このブログに出会ったお陰で、録音したころのことを思い出して楽しんでます。
ありがとう御座いました。
またお邪魔したいと思いますので、よろしくお願い致します。

投稿: masa | 2009年8月 1日 (土) 18時19分

ソニーのカセットデッキ TC-KA53ESを発売当初より保有しています。10回ほどしか利用せず昨日8年ぶりに使用しようとするとテープの巻き戻しは左右できますが再生しようとするとランプがついてテープの下部からヘッドが持ち上がってすぐ再生ボタンの緑ランプが消えて元の位置に下がってしまいます。当然録音もできません。ほかのデジタル表示部分は正常なようです。主な原因はなにが考えられるでしょうか?よろしくお願いします。取扱説明書は家のリホーム時、間違って廃棄していまいました。

投稿: りっこ | 2009年9月10日 (木) 22時39分

りっこ様

8年ぶりですか、それはそれは。
KAシリーズのメカはほぼ同一ですので、まず間違いなくコントロールベルトが劣化して、伸びて滑っているのが原因です。

投稿: 所長 | 2009年9月10日 (木) 23時22分

所長様
 
 早速のアドバイス有難うございました。コントロールベルトというのはモード変換ベルトのことでしょうか。一昨日再生不能とソニーの修理部門にTELしたところ修理は1万300円+出張日2500円とのことでした(何が不具合なのか先方は言いませんでしたが)。これらのベルトは現在販売しているのでしょうか。所長さまはベルト交換の時はどちらから入手されていますか。差し支えなければ教えてほしいのですがよろしくお願いします。以前バブルラジカセを分解したことがありますがこのときはカセットテープの不具合はほとんどプラスチックの歯車の歯欠けでした。(ほとんどのメーカーがだめになりました、10台ほどありますが...)

投稿: りっこ | 2009年9月11日 (金) 02時45分

りっこ様

メーカーでのベルトの正式名称は分かりませんが、そんな名称かもしれません。ついでですのでフライホイールベルトも交換した方がよいでしょう。
ソニーからベルトなど部品のみ購入も可能です。電話でもよいし電子メールでカスタマーサービスに部品の型名と値段、在庫の有無を確かめて、近所の電気店から取り寄せることができます。
当方はすべてブログの右側に示した、海外のネットショップからベルトを購入しています。送料は2000円ほどかかりますが、当方不特定多数のデッキを相手にしているものですから、様々なサイズのベルトをまとめて購入しています。もちろん純正ベルトとは微妙に太さや径が異なりますので、在庫がまだあればメーカー製をお勧めします。

投稿: 所長 | 2009年9月11日 (金) 19時55分

りっこ様

私は先日、TC-K222ESL用のベルトを2種類注文しました。届いた部品には、こう書いてあります。

ベルト(キャプスタン)
BELT (CAPSTAN)(CIRCLE)

ベルト(モード)
BELT (MODE)

頼むときには、近所の電気店に電話し、「TC-K222ESL用の交換用ベルト2種類を注文したい」と、かなりアバウトな注文のしかたでしたよ。

投稿: tu-chan | 2010年2月 3日 (水) 23時31分

一年間使用しなかったSONY TC-K333ESAが再生時進まなくなりました。早送りと戻しは可能です。色々調べたらこのサイトにたどりつきました。自分で直す予定ですが、修理は掲載方法と同じ方法でしょうか?発注ベルトはキャプスタンベルト、コントロールベルト、モードベルトの何を注文すれば良いのでしょうか?大変お手数おかけ致しますか愛着のある機種のため、ご指導お願い致します。

投稿: かず | 2010年6月 1日 (火) 07時31分

かず様

使われているゴムベルトは2本です。上のりっこ様のコメントを参考にしてください。再生に必要なのはモードベルトだけですが、キャプスタンベルトもくたびれていると思いますので、折角分解するなら2本とも交換しておくことをお勧めします。KA3ES、KA7ESもメカはほとんど同じなので、記事をご参照ください。

投稿: 所長 | 2010年6月 1日 (火) 19時12分

このHP拝見して 修理 試みました。
修理って 意外と簡単に自分で、できるもんなのですね。
もう20才にもなるのかTC-K222ESL 約10年ぶりに電源入れると 再生不能 ゴムベルト交換でハードは生き返ったのに、METAL-XRというテープにかぎって磁性体剥離しながら再生されテープボロボロ状態になります。ものによっては巻き戻し早送りだけで切れるのもある。これにはお手上げです。他のはなんともないんですが。切れたの無理やりカセット筺体分離させ(ネジ式じゃないから大変)繋ぎあわせても、すぐまた他の部分が剥離したり切れたりです。テープ当りはずれ あると思い知った今日この頃です。テープはどれがお勧めですか?

投稿: TC-K222ESL | 2010年6月22日 (火) 23時14分

TC-K222ESL様
80年代に録り貯めたテープは、切れることはなかったのですが、ほとんどがひどいスジが入ったり、ワカメ状に伸びたりして、音がまともに出なくなったため、10年ほど前にすべて廃棄してしまいました。90年代のテープはまだ少し残っていますが、かなりダメージがひどいです。
メーカーによって信頼性には差があると思います。個人的には富士フイルム(AXIA)が安くて音が良く、保ちも良いので愛用していました。一方DENONのテープは音はよいものの、磁性体がすぐ剥がれてきてダメになった気がします。
お勧めのテープは今、電器店で売っている新品クロームテープですね。ブランドはどこでもOK。超高級デッキが補正してくれますから。

投稿: 所長 | 2010年6月22日 (火) 23時43分

超高級デッキが補正 ですか
多数の機種熟知の管理人さんにとってベストなデッキとは どこの製品なんでしょうか?

投稿: TC-K222ESL | 2010年6月24日 (木) 21時08分

TC-K222ESL様
ベストなデッキを探して始めたジャンクのデッキ修理ですが、未だにこれがベストだとは決められません。各社、各機種、年代に応じて特徴があり、性能はもちろんですがデザイン、機能も実に様々ですね。いつも修理が終わる度に、これがベストなデッキじゃないかと感じてしまいます。

投稿: 所長 | 2010年6月24日 (木) 22時52分

はじめまして、こんにちは。
検索でこちらにたどり着きました。
父からのお下がりでTC-K222ESLを使っていましたが、ずいぶん使っていなかったので下記のような症状が。

電源を入れると本体表示部分が、テープを入れてないのにメタルテープと認識され、録音スタンバイ状態になり、レベルメーターが最大値近くまで振れます。

この手の故障の原因は何と考えられるでしょうか。

もと持っていた父が手放す決断をしたのですが、私はその前にどうしても気になって…コメントさせて頂いた次第です。

投稿: 天ぷらひろし | 2010年10月 3日 (日) 14時11分

天ぷらひろし様

初めまして。
同じような症状のデッキの修理をしたことがないので、はっきりしたことは言えませんが、可能性としてはリモコン受光部の故障(ユニット内部のコンデンサーの液漏れ)の可能性があると思います。ここは制御回路と直結しているので。また操作ボタン(タクトスイッチ)の接触不良でも異常動作が起こります。なお、テープを入れない状態でメタルテープと認識(表示)されるのは正常です。

投稿: 所長 | 2010年10月 3日 (日) 18時44分

ラジカセ用ベルトを探しています。
譲っていただくことは出来ますか。
機種 ソニー CFS-D30
ベルトサイズ 太さ1.6MM
       内径90MM
         70MM
各1本ずつです。

投稿: あずき | 2014年2月 3日 (月) 16時38分

あずきさま

当方ではベルトの販売、お譲りはしておりません。ご希望のサイズなら今ちょうどヤフオクで購入できるようですが、当方は責任を負いかねます。

投稿: 所長 | 2014年2月 3日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PIONEER CT-970 | トップページ | Technics RS-B90 »